バスキュラーアクセス

これは、当院の医師やパラメディカルスタッフから最も重要視されている要素です。患者様にはそれぞれに固有の臨床的特異性があるため、それに即した必要性を腎臓内科医、血管外科医、専門看護士といったスペシャリストの積極的な働きにより、入念な精密検査を行って見極めます。

ここで、何よりもまず患者様にとってできる限り外傷が少ない低侵襲的バスキュラーアクセスの最善方法の実現に重点を置くことは、腎機能の代替療法を成功させるために不可欠な基本的要件です。

現に、理想的な血流を確保できる最適のバスキュラーアクセスを得るのは手術の腕の良さにかかっており、それが同時に合併症の発生を最低限に抑えて人工腎臓が最高の状態で機能できるようにします。

このような展望から、優れた成果を目指す協調介入手術も含むMaria Rosariaナーシングホームとの緊密な連携は、極めて重要な役割を果たします。患者様ならびに当グループの透析センター職員のもとには血管外科医が控えており、長期的に持続できる適切なバスキュラーアクセス形成手術に要される確かな専門性をもって対応いたします。