各種治療

当ナーシングホームのセンターでの治療は、現在世界市場に存在する最新鋭の技術を採用しています。

経験豊富な職員は常に最新情報と知識を採り入れており、この分野において国際的に取り上げられている新しい治療法や研究調査にもオープンに対応します。

血液透析とは、一般にもよく知られる通り腎機能の代替療法であり、腎臓の機能障害または機能停止(急性腎機能障害または慢性腎不全)といった、多くの疾病の末期において最初または二次的な腎臓障害が見られる患者を対象に施術します。

当ナーシングホームのセンターにて採用される血液浄化技術は基本的に体外血液透析です。ここでは、次の3タイプの療法が用いられます。

標準型血液透析
高流量血液透析
オンライン血液ろ過

この異なった方式の間で、性能的な効果や生活の質といった意味では大差ありません。これは、現に多くの調査においても明らかにされています。そのため、時と場合によって医師が個人的な経験に基づいて各患者に合った方法を選定します。

こうした療法によって最大限の効果を得るために、当Maria Rosariaナーシングホーム腎臓科病棟では、系列グループで特に力を入れているバスキュラーアクセスの形成手術が行われます。