ナーシングホーム紹介

Cimasa系列グループは、11の血液透析専門クリニックを包括する一大組織であり、カンパニア州では慢性腎臓疾患の診断と治療の分野で基点となっています。

血液透析とは、生体の正常な機能に必要な血液を浄化して体内に戻すという方法であり、障害を起こした本来の腎臓の吸収機能が最大限正常化できる技術を持つ最先端医療機器を要しまず。 

当ナーシングホームユニットでは、標準血液透析に加えて高流量血液透析およびオンライン血液ろ過による治療法にも対応し、患者様個別の必要性に的確にお応えいたします。
また、ポンペイMaria Rosariaナーシングホームには、腎血管外科が設置され、中心静脈カテーテルの挿入とともに、先天的またはプロテーゼによる動静脈フィステルの形成術を施します。

2009年中だけでも、同科にて行われたバスキュラーアクセス手術は約450件に上り、これはイタリア国内でも記録的な件数となりました。引き続き2010年には約500件が見込まれていますが、中には他のセンターから移ってきた患者様もおり、当ナーシングホームの絶対的信頼性を示しています。 

私どもは、治療中の患者様とは、常に敬意を忘れずオープンに分かち合う気持ちを持って接し、真心からの人間的なぬくもりのこもった共感を大切にする人間関係の構築が必要であると考えます。

当ナーシングホームでなら、すぐにアットホームな雰囲気や医師およびパラメディカルスタッフの完全サポート体制にお気付きいただけるでしょう。みな、長年の経験に基づき、血液透析のような複雑かつ長期にわたる治療を受ける患者様に要求されることを深く理解しております。

ここでは、総合的な健康を目指した心身一体的なアプローチが行われます。 
そのため、単に機器類の効果や効率だけにとどまらず、各種治療に対処するためにより良い環境を追求し、栄養バランスの取れた食事の設定、精神的なサポートの提供のほか、病状に適合した専門的検査も従来比で待ち時間の大幅短縮化に成功しています。